第3回 チンパンジーの喜ぶ顔が見てみたい
@福岡市動物園

 5月23日
 福岡市動物園のチンパンジーの運動場にロープネットを設置し、ゴーヤの苗を植え、フィーダーを設置しました。

 参加者にはチンパンジーについてのレクチャーを受けてもらいました。チンパンジーがどんなところに暮らしているか、どういう生活をして何を食べているか。そしてなぜ絶滅が危惧されているのか…など少々残酷な写真もありましたが野生チンパンジーの様々な写真を見てもらいながらチンパンジーの現状について知ってもらいました。

 




 屋内展示場にいるサクラとパンジーに挨拶を済ませて、作業開始です。前回、CSUのイベントで作成した幅1m長さ5mのロープネットを設置しました。その根元にはゴーヤの苗を植えました。タワーの緑化が狙いです。ゴーヤがこのロープネットに絡みついて成長するといいのですが・・・






 チンパンジーたちの意識をゴーヤの苗からそらすために、フィーダーを設置しました。枝に穴をあけてその中にはちみつやイチゴジャム、レーズンなどを詰めていきます。これを数か所に設置しました。

 

 

 

 



作業を終え、パンヤ、サクラ、パンジーの3チンプが運動場に出てきました。派手なディスプレイをするパンヤ。すぐにフィーダーに気づき棒を使って器用に中身をなめるパンジー、ゴーヤの苗には気づかなかったようですが、新しいネットに上るサクラの様子が観察できました。








あいにくの天気でしたが、予定通りの作業を無事に終えることができました。福岡市動物園のみなさん、参加したくれたみなさんありがとうございました。 
 

参加者の感想

チンパンジーの生息地であるアフリカでは、乱獲されたり森林伐採によってどんどん住む所が減っていることがわかりました。でも、現地の人たちも、食べるためにやっていることなので、とても複雑な問題でもあるとも思いました。「ほじくれバー」を作って、チンパンジーのタワーに登った時、足場のすき間が思っていたよりも広くて、歩きにくかったけど、実際にチンパンジーが登っている所を見ると軽々と歩いていたのですごいと思いました。「ほじくれバー」やロープネットにも興味を示していて、道具を使ってえさをとっている所を見ることができてよかったです。これからも、このような機会があれば、参加してチンパンジーの野生本来の行動などを見ていけたらいいと思います。


今日は(チンパンジーの笑う顔の絵)でした!
今回初めて参加させていただいたのですが、動物は好きではあるものの、今までこういった活動には参加したことはありませんでした。たまたま中馬に誘われてやってきて、チンパンジーに直接関係することを実際にすることができて良い経験になりました。これを機にこういったことに今までよりも積極的に参加しようと思います。ありがとうございました。


「ほじくれバー」でエサを食べるチンパンジーを見て、器用に食べるなあと思いました。
道具を使って食べる姿も見れて良かったです。食べる時間を長くするため、暇にならないようにするためエサに工夫をし与えることは、見る側も楽しくどんな行動をとるのか見ることができるし、チンパンジーも刺激があり工夫することは大切だなと思いました。子供は常に母親といて、色々なことを学習すると聞いて、母親と一緒にいることは大切なことなんだなと思いました。


今回で4回目の参加になりますが、毎回毎回違う反応が見れて、チンパンジーにもっと興味が持てました。同じフィーダーでも、少し試してあきらめてしまう子もいれば、枝や葉っぱの茎で上手に、中につまっているレーズンなどをとっている子もいて、チンパンジーの性格も様々だと感じたし、チンパンジーは道具を使う動物だという事も実感できたと思います。今回張ったネットと、植えたゴーヤが上手くいけばいいと今後も楽しみです。今回も、また1つ勉強になった1日でした。今後も、力になれることがありましたら、ぜひお手伝いさせてください。今日は雨の中お疲れ様でした。ありがとうございました。


本日のプロジェクトに参加させていただき、また、新たな行動などを発見することができました。私はまだまだチンパンジーの知識もないですが、今後調べていきたいと思うきっかけになりました。
これだけ反応が豊かで表現方法を多く持っている動物種はあまりいないし、エンリッチメントの結果もはっきり見ることができ、勉強にもなりました。
また、絶滅に対する問題や野生でのチンパンジーの姿についてもお話いただき、現状を知り、きちんとした知識をつけることの大切さも学びました。世界には絶滅のおそれのある動物が多くいるし、それに対する対策も考えながら飼育へ進んでいきたいとも思いました。そういったことにも取り組むにも一般の人へ正しく伝えることや興味を持ち理解していただけるような活動なども必要だと思ったので、そういったことにも取り組んでいきたいと思いました。動物の代弁者になれるような飼育者をめざしていきたいと思います。私のようにきっかけがあれば興味を持つ人も増えていくと思います。本日はありがとうございます。


今回2回目の参加だったのですが、先月作ったロープネットをつけたり、木のフィーダーのようなものを作りましたが、その後すぐのチンパンジーたちの反応を観察できたのが良かったです。ロープネットにのぼったり、木をほじくったり、口をつけたりして、自分達がやったあとに、反応が見れたことがおもしろかったです。木に穴をあける時に、どんなふうに穴をあけたらおもしろいか、深さはどれくらいが良いか、そんな事を考えながら作るのも良かったです。
今日のこの活動が少しでもチンパンジーたちが、おいしいとか、うれしいとか、思ってくれていたら良いなと思います。そして、もっとチンパンジーについて知りたいと思います。自分がこのような形で野生動物と関わることもなかったので、このような活動を通して、人に何かを伝えられれば良いし、それ以前に自分が成長したいと思います。今日知ったことを、今日だけで終わらせるのではなく、しっかり勉強して飼育下にいる野生動物たちが、今まで以上に少しでも幸せになれるような動物園になってほしいし、自分から動いていきたいと思います。


「食」につながるエンリッチメントは、その成果、反応がすぐ確かめられるので良いですね。準備する作業も勿論楽しかったですが、それ以上に、その後の観察が楽しかったです。大騒ぎぶりも、いかにも愛してやまないチンプらしく、こちらをいい気持ちにさせてくれました。計画、運営など継続していく努力は大変だと思います。少しでも楽しがってやっていけたら良いですね。今日はお疲れさまでした。


今回、参加できて本当に良かったと思います。学校では、エンリッチメントの事を、授業で聞いたり、本で調べてみたり、インターネットで見たりはしていましたが、実際に実習したのは今回が初めてでした。実際にやってみると、やはり調べてわかる事以上に、奥が深く、大変な事でした。エンリッチメントは時に、道具を使う事で、動物がケガをしたり、事故につながる事もあり、今回「ほじくってみれバー」の棒が1個だけつながれていなくて、チンパンジーが持ち歩いていた姿を見て、チェックは重要だなと思いました。
チンパンジーや、サルのエンリッチメントは、私は動物の中で一番難しいのではないかと思っています。とても知能が優れていて、人間がおもわぬ行動に出るからです。今回エンリッチメントを設置し、チンパンジーの行動を観察して、試行錯誤をし、なんとかして ほじくってみれバー の中身を食べようとする姿をみて、チンパンジーの頭の良さも、あらためて実感し特性も見る事ができました。将来、動物園の飼育員になるためにも、エンリッシメントの事をもっと勉強し、実習し、学んでいきたいと深く思いました。


動物園は動物達にとっては、自然とはかけ離れた環境にいるので、退屈な状態だと思います。それにも関わらず、我々を楽しませてくれているので、できるだけ彼らが、心地良いような環境を整えてあげることは、恩返しみたいなものだと感じます。今回、その活動の一端に触れ、実際に参加させて頂いて、本当に有難かったです。活動を終えたあとに、チンパンジーを見た時は、非常に充実した気持ちになりました。このような機会を与えていただきまして、ありがとうございました。


動物園自体も久しぶりで、入口付近の象を見て、始まりからテンションが上がりました!ディスプレイで見た、さくらやパンジーの動いている姿がかわいらしく見える一方で、パンヤ達の激しい動きは近くで見ると相当迫力ありました。普通に怖かったです。チンパンジーが普段遊ぶタワーを近くで見て、それに昇り見渡すと、思った以上に高いことが分かったし、こんな経験もなかなかできん!と思うと嬉しくもありました。自分達の設置したもので遊んでもらうと楽しいものですね。今日は思いがけず良い体験ができました!!ありがとうございました!


自分たちが設置したもので、チンパンジーたちが遊んでくれているのを見られて、とても楽しかったです。最初のレクチャーを聞いて、ヒトとチンパンジー含め自然の共生について考えるきっかけになりました。動物たちの野生の姿をみる機会をもつことはなかなかできませんが、動物園で飼育下の生活をみるときに、本来はどのように生きているのかな、と一歩踏みこんで考えてみようと思いました。また、是非イベントに参加させていただきたいです。ありがとうございました。


今日はありがとうございました!福岡市動物園でのイベントは初参加ということもあり、とても新鮮で、サクラ、パンジー、パンヤが喜んでいる所を見れて面白かったです。また、ボンには中々会ったことがなかったので、良かったです。パンヤが地面をたたき、はしゃいでうように見えて、もっとこのような機会が増えれば、動物園での少し退屈な暮らしの中に刺激が与えられるのにな、と思いました。個人的には、サクラにうんちを投げられ(先週はつばをかけられ)嫌われているのかな?とショックでした。でも美人さんなので許します(笑)次回のイベントにも参加して、もっとチンパンジーのことを知りたいと思った1日でした。


今日のプロジェクト、すごく楽しかったです!!最初"やけくそタワー"に登った時は、とても足が震えました。ただ、よくよく考えると、その高さが"チンパンジー達が普通に生活する高さ"っていうことが実感できたわけで、チンパンジーに新たな角度から近づけた気がします。"チンパンジーのすごさ"がよくわかりました!!大雨の中、どうしようかと思ったけど、パンヤがあんなに暴れている姿を見たら、今日、参加して本当に良かったと思います。ただ、サクラにウンチを投げられるとは・・・雨降ってて、傘さしてて良かったです(笑)今日は本当にありがとうございました。


まず、福岡市動物園のチンパンジー舎が大きくて驚きました。草もいろいろはえているし、タワーも大きいのがあるし。昨日行った東山のチンプ舎も変わっていておどろきました。どちらもいいおどろきでした。エンリッチメントの前に野生のチンプ達のことをレクチャーするのもとても良かったと思います。偏った情報ではなく、チンパンジーを知るためにとてもバランスのとれた情報だったので、このレクチャーを受けた人々には、とても新鮮だったのではないでしょうか?私にはとてもためになりました。エンリッチメント工作も楽しかったです。難しすぎてもチンプは興味をうせるし、簡単すぎてもすぐ終わる。人間と一緒ですよね。ややこしすぎるとすぐ放ってしまうところ、私も一緒です。工作終わり、とりつけ終わり、チンプ達が入ってきた時のあの反応・・・が好きです。うれしそうな声出しますよね。また参加できるときに参加しようと思います。頑張ってチンプの情報発信して行ってほしいです。頑張ってください。応援しています。


初めて参加してみて、感じた印象はただ単純にとても楽しかったです。雨がちょっといやでしたが。フィーダーとか、ほじれバーやネットを作る大変さ、楽しさ、おもしろさ、を実際にやってみてより感じました。あと、チンプたちの反応もすごくわくわくしたし、同時に、大人の私がこれだけ楽しめて、体を使って学べる活動だから、子供や動物、環境に興味のある人にやってもらいたいし、やったほうがよい活動だなと改めて思いました。
もっと高校生や大学生などにも広めたいし、広めるべき活動だと思います。
あと、いろんな年齢・職種?メンバーがいて、いろんな人がこの活動に興味をもってくれていることがよかったし、より広まってくれたらと思います。私も自分の大学に言ってみようと思います。


 

 

BACK

HOME
私たちのめざす
サンクチュアリ
チンパンジー
飼育下の
チンパンジー
海外の
サンクチュアリ
募集