第7回チンパンジーの喜ぶ顔が見てみたい
@京都市動物園

 10月9日
今年で6回目を迎えた京都市動物園でのイベントは、晴天に恵まれ多くのみなさんに参加していただきました。

今回も、「実のなる木」を実施しました。みなさん、和気あいあいと談笑しながら、楽しく作業を進めてくれました。

 

タカシ、ジェームス、コイコ、ニイニ、ローラの5にんのチンパンジーたちが賑やかに出てきました。相変わらず地上派のタカシ。去年よりも母コイコから離れてひとりで動き回りながら食べるニイニ。コイコはニイニの様子を気にしながら採食し、ローラとニイニがもめるとすぐに駆け付け息子を守る母の姿も観察できました。

 

参加してくれた皆さん、京都市動物園のスタッフのみなさんありがとうございました。

参加してくれたみなさんの感想 

餌を取り付けるとき、チンパンジーがいつもいるところへ入ることができ、どのような場所で過ごしているのか分かりました。いつも見ているよりもチンパンジーの目線は低いところにあるのでタワーがより高く見えました。餌を食べるとき、皮だけ落としていてそのようなところが人間らしく感じられました。最後のほうはジェームスが皮のみを集めていたのが気になりました。印象に残っているのは、ニイニがローラに餌をとられてないた時、コイコが守りに行ったところです。餌に夢中になっている中でも子どもを意識し母親として常に子どものことを考えているところが素敵だと思いました。タカシはあまり木に登らないなど、同じチンパンジーでも全く違うところも見られました。説明を聞いてから見ることができたので性皮、フードグラントなどあらゆるところに着目してみることができました。だいたいは寝ているところばかり見ることが多いけれど、今回は登ったり食べたりするところを見られました。手と足の器用さを実感しました。ニイニはまだ幼さが残っているのを感じました。少し落ち着きなくうろうろしていたり、食べながらぶらぶらしていたところからです。

京都市動物園によく来ていますので、色々なイベントに参加しています。参加したいのは動物のことが知りたくて。

チンパンジーが予想より餌をえり好みせずに食べていたことに驚いた。野菜を食べるが旬を理解しておいしい時期だけ勢いよく食べるという話が面白かった。チンパンジーが育つ環境によってベッドづくりや性教育に差が出てくるという話が興味深かった。地元が九州なので福岡市動物園や熊本市動植物園でのイベントも都合が合えば参加したいです。ありがとうございました!

チンパンジーを間近で見られて楽しかったです。群れの構成や、行動など人間にとても近くて面白いです。彼らが自然で安心して生きていけるように人間ももっと暮らしを考えなければならないと思いました。ありがとうございました。

思った以上に作業が大変でうまくできなかったのですが、実際にチンパンジーの喜ぶ声を聴けて嬉しかったです。いろんなお話も聞けて良かったです。これを持続的に行うのは大変だと思いますが大切なことなのだと学びました。関係者様も大変かとは思いますが、このような機会がもっと増えればいいなと思うし、また参加したいです。ありがとうございました。

いつもながら楽しいイベントありがとうございました。ご馳走慣れしているの?のかおとなしめだったような気がしましたが、おいしいお顔がたくさん見れてよかったです。みなさんのガイドも楽しかったです。写真をいっぱい撮らせていただきました。

今年で5回参加させていただいていますが、いつも楽しくいろんなことを教えていただきこれからも参加させていただきたいと思っています。今年はローラも好きなものをたくさん食べていました。ニイニも4歳になったのでひとりであちらこちらに行って好きなものを食べ、少しローラと取り合いになって大きな声を出していましたが、すぐにコイちゃんが来てました。相変わらずタカシ君は下の餌ばかり取って上には上がってきませんでした。ローラは最後にカシの木をタワーの上まで持っていって食べていました。

去年はローラちゃんが京都市動物園にきて初めてのイベントだったので遠慮がちだったけれど今年は発情しかかっているのもあって積極的にたくさん食べていたのが印象的でした。ニイニが自分の食べている木にローラが近づいてきたら助けを求める声を上げるとすぐにコイコちゃんがやってきたのを見て、やっぱりまだまだ甘えん坊なんだなぁと思いました。今年は例年よりたくさんの人が参加されたので早く飾り付けができたので、チンパンジーたちを待たせる時間が少なく済んでよかったです。

去年初参加し、今回は2度目。前回よりも落ち着いて参加できました。同じことを繰り返していくことで深まっていくし、自分のことよりもチンパンジーのことに向き合える時間をこれからも作っていきたいです。だからこれからも引き続きしてほしいです。そしてたくさんの人に取り組みや何よりもチンパンジーのことを知ってほしいです。今回は上から観察できたのがとても嬉しかったです。前回と違う角度からチンパンジーの動きが近くで見れたし、登場したときに「やったーごはんあるー!!」という声がいっぱい聞けたからです。本当にありがとうございました。前回参加した人やスタッフの皆さんとの再会にもジーンとしました。

以前より動物が好きで今回チンパンジーの喜ぶ顔が見られるということを知り応募しました。チンパンジーのお部屋の掃除等を担当するのかなと思っておりましたが、ごはんの準備をし、なおかつその準備したおやつを彼らが食べている様子、見つけて喜んでいる様子を見ることができ、とてもうれしく思いました。彼らが食べている様子からチンパンジーひとりひとりの性格もわかり興味深いと感じました。また動物園のスタッフの方々、サンクチュアリ・プロジェクトのスタッフの方々よりチンパンジーに関するパワーポイントや説明をしていただき、チンパンジーの生態や今脅かされている脅威まで知ることができました。指や片足を失ったチンパンジーがいることは普段の生活や学校の勉強では知りえませんでした。これを機になかなか自分の力ではどうすることもできませんが、友人や家族会社の人など多くの人に知らせていきたいです。またそういった活動があれば協力したいです。本日は貴重な体験をする機会を与えていただきまして本当にありがとうございました。

楽しかったです。大好きな動物の一つであるチンパンジーに餌をあげるお手伝いが出来てよかったです。チンパンジーの行動など丁寧に説明され、よりチンパンジーを身近に感じられました。またこのようなイベントがあればぜひ参加させていただきたいと思います。

日ごろ入れないチンパンジーの運動場に入ることができたり、バックヤードに入れたりチンパンジー側から動物園の来園者を見学することができたりとても幸せな時間を過ごすことができました。実際にチンパンジーを見学する前に講義を受けることができて。学んだあとにチンパンジーの見学をすることができてより興味をもって見ることができたり、また実際教えてもらったばかりのチンパンジーの行動「喜びの声」を聴くことができてうれしかったです。上からチンパンジーを見ながらいろいろなお話を飼育員の方から聞けたことが一番楽しい時間になりました。またこのようなイベントに参加してみたいなと思いました。

今まで動物園などにチンパンジーがいる由来を考えたことがなかったので、今いる子たちを大切にしたいと思った。人間の都合で家族や仲間から強制的に引き離したという背景を私たちは忘れてはいけない。今年動物園デビューしたばかりで動物の福祉って何?って思ってたけど今いる動物たちが生きやすい環境にしてあげること、多様な生き物のことを理解することが生物の多様性、地球環境の保護につながるのかなと思う。生物の多様性を守るために具体的に何ができるのか考えたい。

このたびは思いもかけずこのイベントを知り、待ちに待ってイベントに参加できてまぢかにチンパンジーを見ることができて感激です。ひとりひとりが穏やかに過ごしている様子をイベントを通じて拝見しました。わが子の社会生活を垣間見たように安心しました。これからも幸せに過ごしてほしいと思いつつ、私にも何かできることはないか考え、心を寄せていきたいと思いました。今日はこの機会をありがとうございました。

チンパンジーたちの喜ぶ声や食べている音が聞こえてとっても楽しかったです。ガラス越しではなく近くでチンパンジーたちの様子が見れて楽しかったです。またぜひ参加したいです。

まず楽しかった。大人の楽しめるイベントが少ないのでトークも大人(18禁?)でいろいろ聞けて良かった。次回も参加できればと思います。今日初めての参加だったので果物の切り方がわからなかったけど、切り方を学習できたので次回につなげたい。

今まで何度も参加したいと思いながら実現できず、やっとかなって感激でした。同じようなイベントで子供が参加し親の私たちは外で見るだけ、という経験はありましたが、やっぱりこれは大人が楽しい!また今まで聞いたチンパンジーの解説の中で一番面白かったです。

チンパンジーのことをいろいろ知れて楽しかった。また機会があれば参加したい。ありがとうございました。

チンパンジーを間近で見れてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

NEXT

 

BACK

HOME
私たちのめざす
サンクチュアリ
チンパンジー
飼育下の
チンパンジー
海外の
サンクチュアリ
募集