私たちの活動の目的  ひとりぼっちのチンパンジーたち
私たちのめざすサンクチュアリ

 

わたしたちがめざすこと

すべてのチンパンジーが幸せに暮らせること

■ 国内に暮らす、すべてのチンパンジーたちが幸せに暮らせること
 
■ 絶滅が危惧されている野生チンパンジーの保護

 

わたしたちの活動

ひとりぼっちのチンパンジーのためのサンクチュアリをつくる 
 日本には52施設に340個体(2008.12現在)のチンパンジーがいます。
 日本のチンパンジーの繁殖の問題、群れに入れない余剰個体の問題を解決する方法のひとつとして、「チンパンジーサンクチュアリ」について考えています。
 
ひとりぼっちで暮らしているチンパンジーのためのサンクチュアリをつくり、運営していくことを目指しています。チンパンジーたちが仲間と過ごし、遊んだり、ケンカしたり、勇気をもらったり、なぐさめてもらったりできるような社会環境を整えます。
 また、採食や休息、一日の行動パターンにかかわる環境エンリッチメントに力を入れ、チンパンジーたちがいきいきとした生活を送ることができるような環境を整えます。
 

チンパンジーへの正しい理解を広める
 チンパンジーは複雑な社会で生活します。チンパンジーとはどういう生き物なのか、チンパンジーどうしのコミュニケーションを観察することによってチンパンジーに対する正しい理解と本来の姿を広く伝えていきたいと考えています。また、国内に暮らす私たちに身近なチンパンジーを通じて、野生チンパンジーへの保護につなげます。

 サンクチュアリとは動物の保護収容施設のことで、動物の福祉に重点をおき、動物たちの生涯を保障した施設のことです。展示や繁殖よりもそれぞれの動物の生活を豊かにすることを最優先に考えた施設のことです。

 

団体設立の経緯

 わたしたちは、ミッキーというチンパンジーと深くかかわったことから、日本でのチンパンジーのサンクチュアリについて考えるようになりました。
 本来、チンパンジーはわたしたちと同じように家族をはじめとする多くの仲間と複雑な社会生活を営みます。しかし、飼育下で野生のように多くの仲間と暮らしているチンパンジーはほとんどいません。高い知能だけでなく、わたしたちと同じような感情があるチンパンジーの生活環境を改善する必要があることを知りました。この問題は動物園や研究施設だけでなく、市民運動として発展させなければ解決が困難です。2004年にNPOとして、サンクチュアリの必要性を広め、実現させるために活動を始めました。

すべてのチンパンジーが幸せに暮らせることを願って活動をおこなっています。

チンパンジーたちが抱えているさまざまな問題についてはこちらをご覧ください。

 

現在の活動


自然環境の保全と動物福祉に関する普及・啓発事業 
会報発行 年4回
海外、国内飼育下のチンパンジー、および野生チンパンジーの現状についての情報発信

エンリッチメント研究会(動物園関係者対象)開催(2007〜)
飼育動物に最適な環境エンリッチメントを考え、意見交換・技術交換をおこなっている。 
 

絵本製作(2010〜)
チンパンジーの社会性とサンクチュアリの必要性を伝えるための絵本製作


人と飼育動物の生活向上に関する事業
環境エンリッチメント実施を通じた教育プログラム(一般) (2007〜)
動物園や研究施設で飼育環境がよりよくなるような環境エンリッチメントの実施おこなう。
動物を観察し行動を正しく理解する力を身につけ、飼育下の環境と野生の現状を考える。

CSU支援(2007〜)
物資支援の窓口、ボランティアによるエンリッチメント実施


サンクチュアリ施設の設立事業
広報活動
ブース出展、ウェブサイト更新(2004〜)、facebook開設(2010〜)

寄付金集め

 

←これまでの活動についてはこちらをご覧ください。


 

 会員募集中です。
 2010年3月現在、会員148名。
 チンパンジーに興味のある方
 チンパンジーに親近感を覚える方
 動物が大好きな方
 何かやってみたい方
 動物のために何かしたいと感じている方
 などなど、ぜひわたしたちと一緒に活動しませんか。

 

 

サンクチュアリ・プロジェクト スタッフ

代表理事  椎原春一(しいはら しゅんいち)  
動物園の現場で飼育下野生動物の生活環境の改善を図るとともに、動物園動物を通した教育活動を行っています

1987年−1991年国営海の中道海浜公園動物の森(福岡県)にて飼育員として勤務。
1991年−2003年鹿児島県の民営動物園にて飼育員・学芸員、2002年より園長として勤務。
2006年−大牟田市動物園(福岡県)の副園長、2007年より園長として勤務、現在に至る。


専務理事  野上悦子(のがみ えつこ)
チンパンジーたちと過ごしながら彼らからさまざまなことを教えてもらい、彼らが少しでもよりよい生活ができるように日々努めています。  
1992年 兵庫県立星陵高等学校卒 
1992年−2003年10月 鹿児島県の動物園で飼育員として勤務(チンパンジー、小型のサル類の飼育) 
2005年−2007年 京都大学霊長類研究所で教務補佐員として勤務 
2007年− 京都大学野生動物研究センターで教務補佐員として飼育と研究補助をおこなっている。 勤務地:チンパンジー・サンクチュアリ・宇土


理事 鵜殿俊史(うどの としふみ)
大学を出てからずっとチンパンジーを専門に診療しています。
獣医師 農学修士 
1984年 宮崎大学農学研究科修了
1984年より 且O和化学研究所霊長類センター(現チンパンジー・サンクチュアリ・宇土)勤務


理事 荻野聡子(おぎの さとこ)
1999年 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
1999年 神戸大学農学部研究生
2004年 日本大学生物資源科学部動物応用科学科博士課程修了
横浜市繁殖センター 嘱託勤務を経て
現在は神戸市内の動物病院にて臨床に従事


アドバイザー 森村成樹(もりむら なるき)
動物福祉の観点から、飼育下チンパンジーの認知機能や環境エンリッチメントについて研究しています。
1999年 東京農工大学農学研究科修了
1999-2007年 林原類人猿研究センター・研究員
2007-2008年 京都大学霊長類研究所福祉長寿研究部門(寄附研究部門)・助教 勤務地:チンパンジー・サンクチュアリ・宇土
2008年 京都大学野生動物研究センター健康長寿部門(寄附研究部門)・助教 勤務地:チンパンジー・サンクチュアリ・宇土

 
監事 阿部美紀子(あべ みきこ)
鹿児島大学教授


海外レポーター 徳峰 綾子(旧姓 魚住 とくみね あやこ)
日本モンキーパークで類人猿の飼育補助をしてからチンパンジーに興味を持ちました。その後サンプロにボランティアとして拾ってもらい、それがきっかけで現在、チンパンジーだけでなく動物保護、環境保護の勉強をしています。
2000-2004 中京大学社会学部修了
2003-2004 日本モンキーパーク飼育補助(アルバイト)
2004-2006 中京大学学芸員課程修了
2009 2月-9月 ロンドン動物学協会 Climate Change Impact team インターン
2008-現在 Mongabay.com 翻訳ボランティア
2009−現在 インペリアル・カレッジ・ロンドン コンサベーション・サイエンス修士課程在学中
2006−現在 サンクチュアリ・プロジェクト ボランティアレポーター

私たちの活動の目的  ひとりぼっちのチンパンジーたち
私たちのめざすサンクチュアリ

HOME
私たちのめざす
サンクチュアリ
チンパンジー
飼育下の
チンパンジー
海外の
サンクチュアリ
募集